CTCが今3月期業績予想を修正、自社株取得および消却も発表

 伊藤忠テクノソリューションズ<4739.T>が16日、13年4~9月期連結決算発表と合わせて14年3月期通期の連結業績予想の修正を発表した。14年3月期の売上高は従来予想の3450億円から3500億円(前期比8.5%増)に増額したが、営業利益は280億円から250億円(同8.0%減)に、最終利益は165億円から150億円(同6.4%減)に減額している。下期の売上高総利益率の改善が想定以下であると見込まれたことにより下方修正を余儀なくされた。なお、同社は同日、自社株取得枠の設定を発表した。自己株式を除く発行済み株式総数の1.34%に相当する80万株、25億円を上限に11月1日~12月6日に取得する。さらに自己株式の消却も発表しており、消却前発行済み株式総数の4.0%に相当する250万株を11月1日付で消却する方針。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)