【買い】プラップジャパン<2449>暴落後の反発を狙う=中原

【買い】プラップジャパン暴落後の反発を狙う
今回の注目銘柄は、プラップジャパン です。

プラップジャパン :独立系PR会社。広報活動の代行・支援・コンサルを行う。外資系企業のクライアントが約半数。

10月8日〜10日にかけて最大で50%近く株価が上昇したプラップジャパン。直近3日間は調整期間にあり、30%下落しています。10月16日は大きな上窓開けとなり、大きな値動きもないまま大引けとなりました。

短期的な上昇相場中での暴落に加え、大きな上窓を埋める株価上昇が期待出来ます。これらを総括し、今回は「押し目買い」の機会であると判断しました。

続落となる可能性も十分あるため、ロスカットの設定をしておくのが無難だと思われます。

=====
今回利用した戦略「暴落銘柄押し目買い戦略」の検証結果
検証期間:2000年1月4日~2013年10月15日
取引回数:6592回
対象:全銘柄

【寄成→引成の取引を行った場合】
勝率:64%
勝ちトレード平均利益:4.1%
負けトレード平均損失:3.2%
期待値:1.5%
=====