◎欧米外為市場サマリー

 16日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=98円76~77銭と前日に比べ60銭の円安・ドル高。対ユーロでは、1ユーロ=133円63~67銭と同80銭強の円安・ユーロ高だった。 
 米財政協議の進展を受け、円安・ドル高が進行した。米上院は債務上限の引き上げで与野党が合意。2014年2月7日までの国債発行を盛り込んだ暫定案は、下院でも採決方向となった。デフォルト懸念が薄らいだことから、ドル買いの動きが強まり一時、98円98銭まで円安・ドル高が進んだ。
 この日発表された米地区連銀経済報告(ベージュブック)は「米経済の成長は緩やか」との内容だったが相場への影響は限定的だった。
 ユーロは対ドルで、1ユーロ=1.3533~34ドルと前日に比べ 0.0010ドルのユーロ高・ドル安だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)