新日鉄住金が堅調、米国で自動車向け鍛造クランクシャフト生産増強と報じられる

 新日鉄住金<5401.T>が堅調。全般買いが先行でスタートするなか、17日の日本経済新聞が「米国で自動車エンジンの中核部品である鍛造クランクシャフトの生産能力を引き上げる」と報じたことが支援材料になった。近く既存ラインの改良に着手、生産能力を1割程度高め、年間300万本程度にする。日系自動車メーカーの現地調達拡大や軽量化を進める米メーカーの需要に応える方針で、100万本程度の能力を上積みする大型投資も検討に入ったと伝えており、業績押し上げ要因として期待された。

新日鉄住金の株価は9時25分現在345円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)