富士通が大幅続伸、GS証券が投資判断を「売り」から「買い」に引き上げ

 富士通<6702.T>が大幅続伸。この日はゴールドマン・サックス証券が投資判断を「売り」から「買い」に2段階引き上げ、目標株価を335円から480円としたことが観測されている。携帯電話事業の低迷など悪材料は概ね認識されたとみる一方で、コア事業であるITサービス事業の循環的回復ペースは企業のIT投資の積み増しで想定を上回る公算が大きいと評価。また、通信機器、半導体事業なども上振れ基調にあると指摘している。さらに、同証券ではこれらを反映して14年3月期から16年3月期の営業利益予想を平均10%増額したとしており、この前向きな変化を株価が織り込む余地があるとして、投資判断を引き上げたという。

富士通の株価は9時58分現在408円(△21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)