エスペックが反発、パワー半導体など部品テスト受託施設新設報道を材料視

 エスペック<6859.T>が反発。17日の日経産業新聞が「パワー半導体など部品類のテストを受託する施設を宇都宮市内に設ける」と報じたことが材料視されたようだ。家電などハード機器の試験受託もしているが、エコカー向けなどの部品の性能を評価する需要が高まると判断、試験期間が短縮できることもウリに4年後をメドに受託試験の売上高を15億円まで引き上げると伝えており、今後の業績への貢献が期待された。

エスペックの株価は11時21分現在754円(△21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)