KNTが反発、値ごろ感からの買い流入

 KNT-CTホールディングス<9726.T>が反発、3日ぶりに150円台を回復した。旅行需要が拡大傾向にあるなど収益環境は良好、中期的にも2020年の東京オリンピック開催やアベノミクス効果に伴い訪日外国人の増加が見込まれることでフォローの風が見込まれる。今秋は付加価値を高めたワンランク上の旅行プラン「プレミアムメイト」を企画・販売しており、業績への寄与が期待されている。同社は今年1月に近畿日本ツーリストとクラブツーリズムが経営統合して発足したが、この統合により財務面が大きく改善していることもポイントで、時価150円近辺は値ごろ感がある。

KNTの株価は11時30分現在152円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)