外為:1ドル98円50銭台へ下げ幅縮小、米財政協議の妥結で円買い戻しも

 17日の東京外国為替市場の円相場は、正午時点で1ドル=98円59~60銭と前日午後5時時点に比べ22銭の円安・ドル高。米議会下院の本会議で米連邦債務引き上げを巡る暫定案が可決され、これを受け利益確定の円買い戻しが流入。午前11時50分過ぎには98円50銭をつけ下げ幅を縮小している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)