電化は朝高の後上げ幅を縮める、中国に食品包材用シート生産設備新設も利益確定売り

 電気化学工業<4061.T>は朝高の後上げ幅を縮めている。16日に中国・蘇州の電子包材工場に食品包材用シート生産設備を新設すると発表したことを受け買い先行でスタート、前日比7円高の414円まで買い進まれ年初来高値を更新したが、その後は利益確定売りに押されている。食品包材用シート生産設備の新設は現地の機能性食品需要拡大や安全性向上ニーズに対応することが目的で、年産6000トン体制で14年12月に第1期稼動を予定しており、年間30億円の販売を目指す。

電化の株価は14時19分現在405円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)