アスカネットが反発、「FPD International 2013」への出展で注目

 アスカネット<2438.T>が反発、一時390円高の5290円まで買われている。10月23日から25日まで横浜市の「パシフィコ横浜」で開催される「FPD International 2013」で、「新サイネージ」と「ATM新ディスプレイ」を展示することが注目を集めている。
 新サイネージは、気軽に手に取れない貴金属や、博物館の収蔵品などを実物大CGで制作し、空中ディスプレイで表示させることで、映しだされた画像やボタンを、あたかもつまんだり押したりする操作が可能となる。
 一方、「ATM新ディスプレイ」はインターフェイスディスプレイを空中で表示させ、精度の高いテンキー操作およびレスポンスを実用レベルで体感できるもので、同社の空中ディスプレイへの評価が高まりそうだ。

アスカネットの株価は14時43分現在5070円(△170円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)