<米デフォルト回避、今後の相場を読む> 第一生命経済研究所・首席エコノミスト 嶌峰義清氏

 今回の米財政協議の妥結は、来年2月までの一時的な先延ばし策に過ぎない面はある。問題解決は前向きに評価できるが、すでに株式市場など米国のデフォルト回避は織り込んでおり、為替も円高に振れる可能性もありそうだ。
 今後、米国経済のファンダメンタルズが再度吟味されるだろう。ただ企業決算の伸びはさほど高くなく、住宅の伸びも抑えられつつある。景気の勢いはさほど強くない。
 米量的緩和の縮小開始は来年以降に持ち越される可能性があると思う。 
 米国株の上値は限定的で日経平均株価も1万4600円前後は目先ピークとなる可能性もある。ただ、下値も1万4000円前後と限定的だろう。米国政治の混乱は経済成長への期待を割り引く要因と認識せざるを得ないだろう。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)