米財政協議合意で・・・・

市場の関心はFRBの政策へ・・・・
 米財政協議は議会を通過し、オバマ大統領の署名も終わり、政府機関閉鎖問題は1月、債務上限問題は2月までは、先送りされました。

 この為、市場の関心は、米経済指標の発表と、それを受けてのFRBの政策睨みへと戻って来ます。しかし、政府機関閉鎖により、10月分の経済指標はかなり弱めに出る事が確実となり、11月分の数字が、余程の急回復を示さない限り、ドルを買う動きが強まるとはおもえません。

 FRBとしても、2月にバーナンキ議長からイェレン議長にバトンタッチする訳ですし、政策変更の基となるデータが揃わない事でもありますから、テイパリング(量的緩和ペースの縮小)開始等の政策変更を年内に行う事は見送る可能性の方が高いものと思われます。

 今夜はフィラデルフィア連銀景況指数の発表が予定されていますが、これが弱い数字となれば、ドルを売る動きが更に強まり、ドル円は98円割れとなる可能性も高まります。