芝浦が14年3月期業績予想を下方修正、業界の投資慎重で受注が減少

 芝浦メカトロニクス<6590.T>がこの日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高430億円、経常利益10億円から、売上高363億円(前期比19.4%増)、経常利益4億円(前期3億5800万円の赤字)に下方修正した。液晶パネル業界、半導体業界ともに投資に慎重な動きが継続する中、上期において受注が減少し、第3四半期以降も受注が軟調に推移すると予想されることが修正の要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)