ソニーは小幅高、腕時計型端末発売には反応薄

 ソニー<6758.T>が小幅高。ただ、株価はここ全体相場の上昇局面でも上値の重さが露呈しており、足もと26週移動平均線を下回ってきていることから下放れに対する警戒感が浮上している。同社は17日、スマートフォンと連動して使う腕時計型端末「スマートウォッチ2」を25日に国内で発売すると発表、スマホに続きモバイル端末分野でのヒットが期待される「ウエアラブル端末」の先駆商品として注目されるが、為替がやや円高方向に傾いていることや米国株の上昇一服などを背景に、足もと株価は反応薄となっている。

ソニーの株価は9時14分現在1941円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)