ネットワンが反落、通信事業者向け設備投資の遅れで中間期業績下方修正

 ネットワンシステムズ<7518.T>が反落。17日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、従来予想の売上高757億円、営業利益42億円、純利益20億円を下回り、売上高630億円(前年同期比18.2%減)、営業損益5000万円の赤字(前年同期45億9500万円の黒字)、純損益9億円の赤字(同28億9100万円の黒字)になりそうだとの下方修正を発表したことを嫌気。通信事業者向けの設備投資が想定よりも遅れたほか、地域・公共市場では官公庁向けの売り上げ計上時期が第3四半期以降に集中したことが要因としている。

ネットワンの株価は9時20分現在716円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)