住友鉱は3日続伸、米金融緩和長期化観測で金価格が上昇

 住友金属鉱山<5713.T>は3日続伸。17日のニューヨーク商品取引所(COMEX)で金先物の中心限月の12月物は前日比40.7ドル高の1トロイオンス1323.0ドルに上昇。一時は1324.2ドルをつけた。米財政協議は決着したが、政府機関の一部閉鎖が景気に与えた悪影響も懸念され、量的緩和縮小の開始は来年に先送りされるとの観測が強まった。金融緩和が長期化することで金市場への資金流入は続くとの見方から金価格は上昇。代表的な産金株である同社株にも買いが先行している。

住友鉱の株価は9時52分現在1367円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)