イオンファンが反落、岡三証券が業績予想を引き下げ

 イオンファンタジー<4343.T>が小幅ながら反落。17日付で岡三証券がレーティング「強気」継続ながら目標株価を2000円から1800円に引き下げている。国内では、カードゲームが伸長、既存店が好調に推移しているが、遊技機の売上高がやや伸び悩んでおり、利益率の低下を懸念し、今14年2月期予想を通期連結営業利益で同証券では、当初予想の37億円から会社側計画と同様の36億円(前期実績34億200万円)に引き下げている。

イオンファンの株価は10時30分現在1500円(▼12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)