大陽日酸は反落、SMBC日興証は目標株価を610円に引き下げ

 大陽日酸<4091.T>が反落。SMBC日興証券の17日付リポートで投資判断「2」を維持。ただし、目標株価については従来の690円から610円へ引き下げた。
 リポートでは「三菱ケミカルホールディングス<4188.T>を引受先とする第三者割当増資の実施によって、増資前に比べて発行済み株式総数は7.44%増加した。三菱ケミカルHDグループによる大陽日酸への出資比率は13年3月末時点の15.12%から26.72%へ高まる見通し。世界的に合従連衡の動きが活発な産業ガス業界において、三菱ケミカルHDが大陽日酸の同27%弱の株式を保有する安定株主となることで、大陽日酸の被買収リスクが軽減する効用がある。ただし、この増資によって、ROE(自己資本利益率)と、BPS(1株当たり純資産)が低下することから、目標株価を引き下げる」としている。

大陽日酸の株価は10時33分現在630円(▼11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)