新日理化が300円台回復、業績回復を背景に仕手性再燃

 新日本理化<4406.T>が大幅高で300円台を9日ぶりに回復。全般利益確定売り圧力が顕在化するなか、その間隙を縫って持ち前の仕手性を再燃させている。業績面も前13年3月期は最終損益で大幅損失を余儀なくされたが、自動車向け樹脂添加剤や建築向け可塑剤の好調などで回復が急、14年3月期最終損益は6億3000万円の黒字と前期の7億9300万円の赤字からV字回復に向かう見通し。信用買い残は依然として整理が進捗していないものの、300万株程度で人気時の売買増勢を考慮すれば重荷とはならない水準だ。

新日理化の株価は12時59分現在309円(△15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)