SUMCOが大幅続伸、台湾TSMCの好決算などを材料視

 SUMCO<3436.T>が大幅続伸。特に目新しい材料は観測されていないものの、半導体受託生産で世界最大手の台湾TSMCが17日に発表した7~9月期決算で純利益が前年同期比5%増の520億台湾ドル(約1732億円)と2期連続の過去最高となり、14年の設備投資額も約100億ドル(約9800億円)と、13年見込みの95億~99億ドルを上回る見通しとしたことが好材料視されているもよう。株価は5月高値1422円をつけたあとの調整局面にあったことから、出遅れ感も指摘されており、半導体用シリコンウエハーの需要拡大期待とともに見直されているようだ。

SUMCOの株価は13時23分現在865円(△42円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)