SMSが続急騰、戦略特区で外国人医師に対する規制緩和との報道を材料視

 エス・エム・エス<2175.T>が続急騰。きょう付の日本経済新聞で、政府が17日、成長戦略の柱に据える国家戦略特区での規制緩和の概要を固め、「国内外の優れた医師を集めた国際医療拠点を特区内に設けて、外国人医師が、日本の医師免許を持たなくても例外的に医療行為を施せるようにする」と報じられたこと材料視。同社はインターネットを通じて介護や医療業界に特化した人材紹介や求人広告などを展開しているほか、海外展開にも力を入れていることから、事業機会拡大につながるとの思惑が働いているようだ。

SMSの株価は13時36分現在2475円(△295円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)