スクロールの第2四半期、一転12億円の経常黒字に

 スクロール<8005.T>は18日取引終了後に集計中の今14年3月期の第2四半期(4~9月)の業績予想を上方修正した。前回予想の連結売上高310億円を330億8700万円に、経常損益1億円の赤字を12億3800万円の黒字へ修正。損益面は最終損益まで前回の赤字予想が一転黒字に浮上する。夏物衣料品を中心に売り上げが順調に推移、販売促進費用の発生時期が第3四半期以降にずれ込んだことで、計画を大きく上振れる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)