東京製鉄は14年3月期業績を増額修正、コスト削減効果が寄与

 東京製鉄<5423.T>は18日、2014年3月期の業績予想の増額修正を発表した。売上高は、従来予想の1320億円から1375億万円(前年同期比0.2%増)に見直したほか、経常損益は25億円の黒字から30円の黒字(前年同期は162億6500万円の赤字)、最終損益は20億円の黒字から25億円の黒字(同1466億900万円の赤字)に増額修正した。海外の鋼材市況の低迷が続くなど厳しい環境が続くが、鋼材の販売価格の値戻しを図るとともにコスト削減を進めることにより収益拡大が見込まれている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)