NISAの制度をどこまで把握できるかがポイント

メリットが強調されがちなNISA。注意すべき点も十分に把握しておく必要あり
NISAの最大のメリットは、やはり配当金や売却益にかかる所得税の非課税でしょう。2014年1月からは株式投資、投資信託による所得税が20%かかります。NISA口座での100万円以下の取引であれば、非課税となるためすべての投資家に恩恵があります。
また、NISAは1人1口座しか作ることが出来ないため、NISA口座獲得のため各証券会社や銀行は多様なNISA口座開設によるキャンペーンを実施しています。抽選でJTB旅行券10万円などの豪華商品をプレゼントするSBI証券や、現金2000円を贈呈する野村證券など、NISAの口座開設をするだけで貰えるキャンペーンがあります。

NISAの注意しなければならない点は、運用商品によって非課税対象と非課税対象外のものがあることです。NISAの非課税対象は、上場株式や株式投資信託、ETF、REIT等」となっており、国債や社債、公社債投資信託等は非課税対象外となっています。
また、年間投資額の上限を100万円としているNISAの非課税枠は毎年与えられますが、翌年に繰り越しができないというポイントも注意が必要です。

NISA口座を開設する金融機関を比較することや、自分の投資のスタイルにあっているか等を確認することで、NISAという新たな制度を最大限に活用できるのではないでしょうか。