ワイズテーブルコーポレーション(2798)、真空地帯に突入

値が飛びやすい
先週末の上昇で、すでに上方の大きな窓に突入している。ここはいわゆる「真空地帯」であり、株価の値が飛びやすい状況。短期的には上方の窓上限(153900円)までの上値余地があり、ここまで急伸する可能性が高そうだ。