五洋インテが反発、今3月期通期の売上高予想を増額

 五洋インテックス<7519.T>が反発。同社は18日大引け後に今14年3月期の第2四半期(4月~9月)予想を連結売上高で当初計画の5億9000万円から6億7600万円(前年同期実績5億7300万円)、営業損益で3000万円の赤字から400万円(同1億2100万円の赤字)へ増額修正。通期については営業損益では4000万円(前期実績1億4000万円の赤字)の当初予想を据え置いているが、売上高では13億3000万円から14億2000万円(同13億1200万円)へ増額修正している。昨年9月に大幅改訂した見本帳「インハウス」の販売増が売上増に貢献、業務効率化で経費削減効果が表面化しているが、通期に関しては原材料価格の上昇を考慮し利益予想は据え置いている。

五洋インテの株価は9時41分現在128円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)