AGCapは軟調、東証が21日から日々公表銘柄に指定

 アジアグロースキャピタル<6993.T>は朝高後軟調。朝方に一時、前週末比8円高の127円まで買われる場面があったものの、その後売り優勢となり、同6円安の113円まで売られている。東証が18日、AGCap株を21日から日々公表銘柄に指定すると発表した。信用取引規制の強化に伴って、売買の自由度が制限されるとの見方から、徐々に売りが優勢となっているようだ。

AGCapの株価は10時5分現在115円(▼4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)