日本一ソフトはストップ高、14年3月期業績予想を増額修正

 日本一ソフトウェア<3851.T>はストップ高。18日の取引終了後、2014年3月期連結業績の増額修正を発表したことが好感されている。売上高は26億7400万円から31億9000万円(前期比26.1%増)に見直したほか、最終損益は2億100 万円の黒字から2億7400万円の黒字(前年同期は2億1500万円の赤字)に増額した。ゲームソフトでは「魔女と百騎兵」が好調なほか、オンライン事業ではダウンロードコンテンツの配信が伸び、ライセンス事業ではロイヤルティー収入が順調に推移している。
 また、同社は公募増資と売り出しを発表した。60万株の公募増資と25万株の売り出し、上限12万株のオーバーアロットメントによる売り出しを実施する。発行・売り出し価格は28日から31日のいずれかの日に決定する。

日本一ソフトの株価は10時5分現在999円(△150円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)