第一建設が3日続伸、第2四半期予想増額を好感

 第一建設工業<1799.T>が3日続伸、一時前日比120円高の1335円まで買われている。同社は18日大引け後、14年3月期第2四半期累計(4~9月)予想を発表した。売上高は当初計画の191億円から213億円(前年同期実績183億1800万円)、営業利益は15億円から19億6000万円(同14億1600万円)へ増額修正したことが好感されている。官公庁や民間工事の受注が当初予想を上回り、順調に推移している。主納入先のJR東日本<9020.T>向けを中心に今後も好調な受注が期待される。

第一建設の株価は10時24分現在1301円(△86円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)