JIECが反落、9月中間期2ケタ増益も利益確定売りに押される

 JIEC<4291.T>が反落。18日引け後に発表した第2四半期累計(4~9月)単独決算は、売上高67億9800万円(前年同期比1.0%増)、経常利益5億3200万円(同13.4%増)と2ケタ増益を確保したが、決算期待から直近で3連騰していただけに、材料出尽くし感からいったん利益を確定する動きが出ているようだ。金融機関における統合案件が息の長いテーマとして継続しており、システム更新などと合わせて堅調に推移しているほか、金融以外でも業績回復の基調から大型案件の立ち上げが本格化するなど、受注が好転していることが業績を牽引したという。
 なお、14年3月期通期業績予想は、売上高137億円(前期比1.3%増)、経常利益11億円(同6.3%増)の従来予想を据え置いている。

JIECの株価は13時11分現在1062円(▼23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)