興研、重松製作が続伸、PM2.5関連銘柄としての物色人気続く

 興研<7963.T>、重松製作所<7980.T>は前週末に大幅高したが、この日も堅調な展開となっている。引き続きPM2.5対応のマスクを手掛けていることを材料視する買いが続いいている。現地時間17日には、世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(本部フランス)が、微小粒子状物質「PM2・5」など大気汚染物質による発がんリスクを5段階の危険度のうち最高レベルに分類したと発表しており、呼吸器官や心臓の病気のリスクを高めるだけでなく、がんを引き起こす環境的要因であることが分かったとしていることから、マスク需要の増加が期待されているようだ。

興研の株価は14時45分現在2980円(△120円)
重松製作の株価は14時45分現在949円(△23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)