97円台は底堅いドル円・・・・

雇用統計前日の調整強まれば反発も・・・
 ドル円は97円台では個人投資家の押し目買い意欲が比較的強くなっており、このレベルを売り崩すのは難しいものと思われます。一方、ユーロや豪ドルが対ドルで強含む動きを見せている事がドルの上値を抑える為、ドル円も98円台では、積極的に上値を追うのが難しくなっています。

 この為、今日の海外時間も98円丁度を挟んだ揉み合いが続く可能性が高いのですが、明日、米9月雇用統計が発表される予定なので、雇用統計発表前のポジション調整が強まるかもしれません。その場合には、ドルが買い戻されて、98円台半ばまで反発する局面は見られそうです。