岩谷産が9月中間期業績見込みを最終利益で上方修正、投資有価証券売却益など計上

 岩谷産業<8088.T>がこの日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(4~9月)業績について、従来予想の売上高3082億円、営業利益34億円、純利益5億円を上回り、売上高3084億円(前年同期比1.4%増)、営業利益30億3000万円(同3.1%減)、純利益17億7000万円(同5.8倍)になりそうだとの上方修正を発表した。LPガスの出足低調でコストが増加し営業利益は減益となったが、持分法による投資損益や金融費用の改善、さらには投資有価証券の売却益の計上などで最終利益は大幅に増額された。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)