極洋が今14年3月期の業績予想の修正と連結子会社の吸収合併を発表

 極洋<1301.T>は21日取引終了後に今14年3月期の第2四半期累計(4~9月)と通期業績予想を修正した。第2四半期は前回の連結売上高860億円を940億円、経常利益12億円を15億円へ増額、通期は売上高1770億円を1880億円へ増額する一方、経常利益は32億円を31億円へ小幅ながら減額した。第2四半期は水産物市況が堅調に推移するなかで付加価値商品を拡販したことで、売上高、利益とも計画を上回る。通期は原料価格の上昇の影響で営業利益、経常利益は計画を若干下回る見込み。
 併せて14年3月1日付で、全額出資の連結子会社の極洋海運を吸収合併すると発表した。経営資源を集中、グループの経営効率向上を図ることが狙い。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)