カーメイトが14年3月期業績予想を下方修正、人民元高や棚卸評価損など響く

 カーメイト<7297.T>がこの日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高200億円(前期比6.6%増)はそのままに、営業利益を16億800万円から12億5700万円(同27.2%減)へ、純利益を8億3700万円から6億7600万円(同37.9%減)にそれぞれ下方修正した。円安・人民元高の影響と、棚卸資産評価損の計上による原価率の悪化、販管費の増加などが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)