LIXILが14年3月期通期の業績予想と配当予想を増額

 LIXILグループ<5938.T>は21日、14年3月期通期の連結業績予想の修正を発表、売上高は従来予想の1兆5700億円から1兆6000億円(前期比11.3%増)に、最終利益を390億円から410億円(同92.0%増)に増額した。来春の消費税引き上げ前の駆け込み需要が住宅関連に追い風となり、主力のサッシや水回り製品などの売り上げ会社想定以上に伸びているほか、諸施策の効果から税金費用の削減が図られたことなども寄与した。なお、業績好調に伴い14年3月期の配当政策についても見直し、従来予想の中間期20円・期末20円から、中間期25円・期末25円(年間50円配当)とすることも発表している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)