旭化成が上昇、4~9月期83%増益観測を好感

 旭化成<3407.T>が上昇。同社の13年4~9月期連結営業利益が前年同期比83%増の700億円超となったもようと22日付の日本経済新聞が報じ、これを好感する買いが先行している。スマートフォンの普及加速を背景に、同商品向け電子部品が好調で利益に寄与している。従来予想は650億円でこれを50億円超上回り、4~9月期の過去ピークを更新したもよう。また、14年3月期通期の営業利益も現時点で会社側は過去ピークの1300億円(前期比41.3%増)を見込むが、これも50億円程度増額される公算が大きいとみられている。

旭化成の株価は9時12分現在741円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)