郵船など海運株が軟調、バルチック指数が1カ月ぶり低水準に

 日本郵船<9101.T>、商船三井<9104.T>など海運株が総じて売りに押される展開となっている。欧州、中国経済の減速懸念の後退で底を入れた感のある海運市況だが、ここ最近は急上昇の反動が出ている。鉄鉱石や石炭、穀物などを輸送するばら積み船市況を指数化したバルチック海運指数は週明け21日に3日続落で前週末比23ポイント安の1878となり、約1カ月ぶりの安値水準まで売られている。これを受けて足もとは利益確定売りが顕在化した。

郵船の株価は11時15分現在330円(▼6円)
商船三井の株価は11時15分現在454円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)