MESCOが後場急騰、14年3月期業績予想と期末配当予想の増額修正を好感

 三井金属エンジニアリング<1737.T>が後場急騰。午後1時ごろに14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高234億円、経常利益7億9000万円から、売上高240億円(前期比9.9%増)、経常利益10億2000万円(同8.8%減)に上方修正したことが好感されている。足もとでエンジニアリング事業の非鉄金属や金属加工関連工事の受注が好調に推移していることに加えて、工事原価や販管費の削減などに取り組んだことが奏功したという。
 また業績予想の修正に伴い、期末一括配当について従来23円(普通配18円、記念配5円)としていたところを30円(同25円、5円)と引き上げると発表しており、これもプラス評価されている。

MESCOの株価は13時22分現在650円(△65円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)