パナソニックが軟調、マンション向け燃料電池「エネファーム」共同開発

 パナソニック<6752.T>が軟調。21日に東京ガス<9531.T>とマンション向けの家庭用燃料電池「エネファーム」を共同開発したと発表したが反応は鈍く、上値の重い展開が続いている。今回開発したエネファームは世界で初めてマンションのパイプシャフト内に燃料電池ユニット、貯湯ユニット、バックアップ熱源機をすべて設置できる仕様として製品化。マンション向けに、機器本体の気密性を高めたほか、耐震性や耐風性も高めている。

パナソニックの株価は14時57分現在941円(▼8円)
東ガスの株価は14時57分現在529円(▼4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)