四電工の今3月期第2四半期は赤字幅拡大

 四電工<1939.T>は22日取引終了後に集計中の今14年3月期の第2四半期累計(4~9月)の業績予想を下方修正した。前回予想の連結売上高290億円を285億円に引き下げ、経常損失3億円から4億8000万円へ赤字幅拡大を予想した。電力関連工事の抑制により売上げが計画を下回り、損失が拡大する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)