米・9月雇用統計睨み・・・・

この数字への影響は一時的か?
 今夜は、本来、10月4日に発表されるはずだった、米・9月雇用統計の発表が予定されています。市場の予想の中心は、非農業部門雇用者数が18万人増、失業率が前月と同じ7.3%となっています。しかし、一部、米系・金融大手から、19万人以上、7.2%等の予想が出ており、市場も強目の数字への警戒を強めている様です。

 しかし、今回の数字がどの様になっても、政府機関閉鎖の影響から、10月雇用統計は下振れる事がほぼ確実と思われ、それを忖度すれば、今回の数字が強くても、10月FOMCでの量的緩和縮小開始観測を強めるとは思えません。この為、もし、市場がドル買いで反応するとしても、ドル上昇は一時的で、98円台半ばより上では、上値が抑えられ、行って来いとなる可能性の方が強いものと思われます。