株価の動きにも注目=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

株価の動きにも注目
東京市場のドル/円相場は、弱含んで始まった日経平均がプラスサイドに切り返す中で小確り、という展開となった。

今夜の米国では発表が延期されていた9月雇用統計が発表される。ただし、同指標は政府機関が閉鎖される前の数値であり、どこまで材料視されるかは微妙なところだ。
多少良好な結果が出ても、米政府機関閉鎖を背景とする米経済の下ブレ懸念が強い中で積極的にドルが買われるとは考えにくい。一方、弱い結果となった場合は、米量的緩和(QE)の縮小開始がさらに後ろにずれ込むとの思惑と繋がり、ドル売りを強める可能性がある。

もっとも、米雇用統計の弱い結果が出て、QE縮小開始時期の後ずれ観測が台頭した場合、これは米国株にはプラス要因となる。ドル/円は初動に下げたとしても、その後に寄り付いた米国株が堅調に推移すれば、クロス円主導で円売り優勢に転じる可能性もあるため、注意が必要だ。