ゼンリンが9月中間期業績見込みを下方修正、国内カーナビ用データが想定下回る

 ゼンリン<9474.T>がこの日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、従来予想の売上高252億円、経常利益9億円を下回り、売上高240億1000万円(前年同期比7.1%減)、経常利益2億2000万円(同92.0%減)になりそうだとの下方修正を発表した。国内カーナビゲーション用データの売り上げが、国内新車販売における軽自動車へのシフトやカーナビの低価格モデルへの構成変化などにより減少したことが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)