ジェイテクトが4~9月期業績修正、営業利益増額も最終利益に特損計上

 ジェイテクト<6473.T>は22日、13年4~9月期の連結業績予想の修正を発表した。売上高は従来予想の5750億円から6120億円(前年同期実績5262億1700万円)に、営業利益は195億円から240億円(同153億6600万円)に増額したが、最終利益は125億円から30億円(同48億8000万円)に減額修正している。円高修正効果や、ステアリングや駆動部品などの自動車部品が好調で、売上高と営業利益は会社側想定を上回ったが、最終利益については米国での反トラスト法に違反したとして米国司法省に支払った罰金約103億円を特別損失として計上する見込みとなったことが響いた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)