西芝電機が反発、第2四半期の営業利益増額を好感

 西芝電機<6591.T>が反発。22日大引け後に今14年3月期第2四半期累計(4月~9月)の業績予想を修正。連結売上高では95億円から93億円(前年同期実績102億7800万円)へ下方修正したが、営損利益では1億2000万円から2億2000万円(同5400万円の赤字)へ増額修正したことが好感されている。発電・産業システムの売上高が予想を下回る見込みとなったものの、原価低減活動や生産性向上などの損益改善効果は利益を押し上げている。

西芝電機の株価は9時25分現在147円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)