山田コンサルがS高、今3月期業績と配当を増額修正

 山田コンサルティンググループ<4792.T>がストップ高カイ気配。22日大引け後に14年3月期通期予想を修正。通期連結売上高を当初計画の67億円から70億円(前期実績67億6600万円)へ、営業利益を13億5000万円から14億8000万円(同13億9400万円)へ増額、第2四半期末の配当に関しても当初予想の2500円から3500円に増配することを発表したことが好感されている。コンサルティング案件の受注および加工作業が計画以上に順調で、資本・株式・株主に関するコンサルティング事業では大型コンサルティング案件の売上計上を見込んでいる。また、今年12月1日付で同社の100%子会社間で合併を行う予定であることから存続会社において消滅会社から承継する税務上の繰越欠損金などに対して繰延税金資産3億円を第3四半期に計上する見込み。

山田コンサルの株価は9時33分現在2016円(△400円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)