邦ガスが後場下げに転じる、9月中間期業績見込みを上方修正も材料出尽くし感強まる

 東邦ガス<9533.T>が後場下げに転じる。前引け後に集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、従来予想の売上高2540億円、営業利益20億円、純利益10億円を利益面で上回り、売上高2500億円(前年同期比5.7%増)、営業利益48億円(同43.7%減)、純利益32億円(同35.7%減)に上方修正したが、材料出尽くし感から、発表後は売りが先行している。原油価格の下落で原材料費が減少したことが要因としているが、ポジティブサプライズとまではならなかったようだ。

邦ガスの株価は13時9分現在513円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)