指月電機が反発、第2四半期営業利益予想の増額を好感

 指月電機製作所<6994.T>が反発、一時前日比23円高の406円まで買い進まれた。同社はこの日、午後2時に今14年3月期の第2四半期累計(4月~9月)予想を修正。連結売上高で当初計画の103億円から101億9000万円(前年同期実績100億7900万円)へ下方修正したが、営業利益では7億8000万円から9億5000万円(同7億5400万円)へ増額修正したことが好感されている。原価率の改善や経費の削減、円安に伴う為替差益の計上などが利益を押し上げている。

指月電機製作所の株価は14時20分現在396円(△13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)