ドル/円 200日線前後での攻防再び=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

ドル/円 200日線前後での攻防再び
アジア市場のドル/円相場はまとまった規模の円買い・ドル売りが入ったことでストップを絡めながら下落しました。

目下のところ、200日移動平均線(執筆時点:97.25円)前後での攻防が注目されています。8日にも一度、同線を試す場面がありましたが、その際は200日線を僅かに下回ったところで買い支えられて切り返しています。今回も同様の底堅さを見せるかどうかがポイントとなってきそうです。

200日線前後で足場を固められれば、再度99円を目指す流れになる可能性が浮上する一方、本日、同線を割り込んでしまうと、8日安値を再度試すことが視野に入ってきます。どちらに転ぶにしても、本日のドル/円は目先の流れを決定づけかねない大事なポイントにあると言えそうです。